Ubuntuでユーザーを作成・削除する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、Ubuntuでのユーザーを作成・削除、またはその作業にともなうグループへの追加の手順をご紹介します。

頻繁に使うものではないので、毎回忘れてしまったり、他のディストリビューションとの違いも若干あったりするコマンド群ではあります。

<user name>の部分は自身の環境に置き換えてください。

目次

ユーザーを作成する

ユーザーを作成するには以下のコマンドを実行します。

$ sudo adduser <user name>

コマンドを実行すると、パスワードを始めその他の設定を求められますが、特に不要であればEnterで飛ばしましょう。

[sudo] ubuntu のパスワード:
ユーザー `ubuntu-test' を追加しています...
新しいグループ `ubuntu-test' (1001) を追加しています...
新しいユーザー `ubuntu-test' (1001) をグループ `ubuntu-test' に追加しています...
ホームディレクトリ `/home/ubuntu-test' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
ubuntu-test のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
        フルネーム []:
        部屋番号 []:
        職場電話番号 []:
        自宅電話番号 []:
        その他 []:
以上で正しいですか? [Y/n] Y

CentOSやRedHatユーザーには『useradd』の方が馴染み深いかもしれません。こちらのコマンドはユーザー作成のみでホームディレクトリが作成されません。『adduser』コマンドを使います。

ユーザにsudo権限を許可する

以下のどちらのコマンドでも同じですが、グループ反映には一度ターミナルからログアウト・再ログインが必要です。

$ sudo gpasswd -a <user name> sudo
$ sudo usermod -aG sudo <user name>

実行後は以下のコマンドで実際にsudoグループに追加されたか確認します。

$ cat /etc/group
$ sudo:x:27:ubuntu

グループに追加する

sudo権限の追加追加は単にsudoグループに追加するということです。他のグループへの追加も同様のコマンドで行います。

$ sudo gpasswd -a <user name> <group name>
$ sudo usermod -aG <group name> <user name>

ユーザーを削除する

『-r』のオプションを付けることでユーザーディレクトリごと削除します。

sudo userdel -r <user name>
この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
目次